腐女子BBA紺野

腐った眼で二次元男子を見ている人が、漫画やアニメの感想を書き散らかすブログ。

漫画 青の祓魔師

【ネタバレ有】「青の祓魔師」88話「ハッピー(メリクリ)バースデー!イヴ」のあらすじと感想

投稿日:2017/03/08 更新日:

88話ざっくりあらすじ

前話の終わりに、過ぎてしまった誕生日会と、クリスマスを兼ねてパーティーをしよう!という話の続き。

しえみが「祓魔師になるのはやめたんだ」と言ったときの決心が固い目と、雪男にもパーティーへの参加を強く言った様子から、もしかして、しえみはもうすぐ死んでしまうのでは・・・と言い出す燐。
出雲と勝呂も同じことが頭によぎったと言う。

パーティーの準備をご馳走班(燐、子猫丸)、飾り付け班(勝呂、雪男)、ケーキ班(志摩、出雲)、ツリー班(しえみ)に分かれて、それぞれ調達することに。

ケーキ屋さんの行列に並ぶ、ケーキ班の志摩と出雲。
それぞれ、今の状況を振り返りながら、出雲は自分も志摩も「あいつらのことが好き」になっているのだと指摘する。

勝呂と雪男は、飾り付けのアイテムを探しに買い物へ。
雪男は、三角の葬儀の夜に修道院で立ち聞きした「ライトニングが修道院に来た」という話を思い出し、その時に勝呂も一緒だったのではないかと勘繰る。

場面は変わって、ライトニングの部屋で十三號セクションから持ち出した膨大な書類を前にする勝呂。
ライトニングは寝ているばかりで、推理が進んだ様子はない。
仕分けようと手にした書類をめくるうち、藤本獅郎もアザゼルのクローンであったことを知る。
数字の順に名付けられた筈のリストに「獅郎(しろう)」の次に来るべき「齩郎(ごろう)」のページが抜けていることに気付き、「齩郎」がサタンではないかとライトニングに告げる。

アザゼルや奥村兄弟について推理を巡らせる勝呂。
ライトニングは、勝呂に少し休むように言い、「後はぼくにまかせてくれ…」と言ったそばからまたしても寝ようとする。

思考が煮詰まると寝ることにしているというライトニングは、勝呂にクリスマス会に行く許可を出し、「そんなもの(サタンやイルミナティのこと)」に真正面から向き合っていたら気が変になると言う。

いよいよ終業式が終わり、パーティーの準備をすることに。
飾り付け班の勝呂と雪男は、折り紙で飾りを作り始めるも、壊滅的に下手くそな雪男。
子供の頃から下手くそで、それでも雪男が作った飾りを獅郎は飾っていた、という思い出話を聞き、複雑な表情の勝呂。

雪男の、子供の頃の回想。
雪男が獅郎に「本当の両親」について尋ねると、「橋の下で拾ったからわからない」と答える。
子供の燐は「、父さんが知らないなら知らなくていい」と言うが、雪男は真実を知りたいと言う想いを強くする。

どうして
にいさんはしりたいっておもわないんだ

僕は 知りたい

雪男はずーっとこんな感じだよね

漫画を読み返したり、今アニメでやっている「京都不浄王編」見てたりするとつくづく思うのですが、雪男ってずーっと、こんな感じでうじうじ考えて悩んでるよなぁ、と。
88話中、50話ぐらいは悩んでるのではないか?(適当です)

まぁ、それだけずーっと、奥村兄弟の生まれの真相が解明されていないってことなんですけどね。

今月も、ほとんど進んでないよね?私がわからないだけなのか?

結局、クローンだったら何なの??
獅郎もゴローもクローンだったとして、だったらどうなるのか・・・わからん。

サタンが獅郎の肉体を乗っ取ったのって、「サタンに憑依されても耐え得る身体」を持っていたからだったよね?
もし、ゴローがサタンになったのだとしたら、肉体はどうしちゃったの、どこ行っちゃったのさ?
ううぅーん・・・あっち(虚無界)に行ったら、もうその肉体で物質界には戻って来られないんだったか??

アーサーは、獅郎が聖騎士だったことをすごく嫌がっていたと思うのだけど、アーサー自身も悪魔のクローンなのだとしたら、同じ身分なのだよね。前話で記憶喪失だと言われているから、本人には自覚が無いのだろうけれど。

そもそも、アーサーってなんで悪魔が嫌いなんだっけ・・・ああぁわからん。

勝呂の言うように、「虚無界ってなんや、サタンってなんや」って本当に、私もずっと思ってるよ/(^o^)\

飾り付け班

雪男と勝呂の組み合わせって、なんだか珍しい気がして新鮮でした。

真面目で頭がいいやつ同士、表面上は何事も無いかのように話しているけど、二人共、心中は複雑。

雪男は、ライトニングが何のために修道院に来たのか怪しんでいるし、勝呂は、知りかけた奥村兄弟についての真実の片鱗を胸に抱えて、なんともいえぬ表情。

師弟かわいい

師匠が寝てばっかりだから、話が進まないんだよぉぉぉ!

でもライトニングのことだから、何らかのタイミングを待っている・・・とか何か深い理由があるのではないか(と思いたい)。

勝呂が、「クリスマス会に行ってもいいですか」って言うとこ可愛かった・・・!
基本、毎日助手として仕事を手伝う、という前提なんだろうけど、行ってもいいですかって何だよ、許可が必要なのかよ、親ですか?彼氏ですか?

勝呂は師匠を転げ起こしたり寝かしつけたり、忙しいね・・・。

白い夜?

加藤先生が、Twitterで「やらかした」的なことを仰ってたので、どこのことだろ?と思っていて、1回目読んだときには気にならなかったんですが、感想を書くために読み返していたら、勝呂と雪男が飾りを作っているあたりで真っ白なコマが5つぐらいあることに気づきました。
これのことなのかなぁ??

そういう演出だと言われれば、そうかも~とも思えるのですが、吹き出しに向きが付いているのに、その先に話している人が誰もいないから、絵が抜けているのかな。

関連記事

【ネタバレ有】「青の祓魔師」第89話「ハッピー(メリクリ)バースデー!」のあらすじ

前回(第88話)のあらすじはこちら。 第89話ざっくりあらすじ パーティー用の「ごちそう」を用意する、燐と子猫丸、志摩。 会場と、ニーちゃんから生えた巨大なモミの木にも飾り付けが済んで、すっかりパーテ ...

続きを見る

-漫画, 青の祓魔師

Copyright© 腐女子BBA紺野 , 2019 All Rights Reserved.