腐女子BBA紺野

腐った眼で二次元男子を見ている人が、漫画やアニメの感想を書き散らかすブログ。

ハイキュー!!

【ネタバレ有】「ハイキュー」241話「託されたチャンス」感想(黙って来週まで待てなくて書いた)

投稿日:

なんかもう、ハイキューが好きで仕方がないので、感想という程ではありませんが、タイトルの通り、来週までじっと待っていられないので、書き殴っておきます。

表紙センターカラー

若かりし現三年生の三人と、前々主将の田代さん(235話で春高の試合を見に来ている人ですよね!?)。
前々主将ということは、この子達が高校一年生の時か…16歳ですね…

かわいいぃいいぃよオオォォォ

うぅ、三人が入学した時って何巻あたりでしたっけ、見直して確認したい。
後でやります。

試合は2セット目の後半

もう本当、毎週どきどきしながら試合を見ています。
実況とか入ると、本当に試合を見ているみたいで、手に汗握る感じが半端なくて心臓に悪い…。

試合は1セット目を烏野が取っての、2セット目後半。
1点取られては取り返す、緊張しか無い展開。

椿原の越後くんの「まだ帰るには早いでしょー!!」というセリフ、かわいく言ってるけど、重みがあるわ…。去年は1回戦目で負けて帰ったところが236話で描かれていましたよね。

影山くんのトスと、タイミングが合わず、空振りしてしまうツッキー。
二人共お互いのせいにしてるww

けど、両チームとも23点同士、ここ大事な1点なのにどうなるのー!
と思ったら、ちゃんと読んでいた大地さん…!

ナイス尻拭い

さすがですとしか言えない…!ほんっと主将ってすげぇ!!

越後くんの言葉を受けての大地さん

そうだよ 俺たちも 帰るには まだ早い

そうだよね…、まだ負けられないよね…!

なんだかこれを読んで、もうテレビでやってる春高とか、今後は気軽に見られないよねって思ってしまった。
(応援する人が増えた方が商業的には良いことだってわかっているけれど)

長い時間をかけて、たくさん練習して、準備してきて、でも試合って本当に短い時間で決着がついて、どちらかが必ず、負ける

当たり前のことなんだけど、残酷だなぁと思ってしまう…。

あと、ハイキューでは全然出てこないけど、彼らのご家族ってどう思ってんのかなって。
私なんかBBAだから、リアルな高校生つったら息子みたいに思えてしまうw

息子が東京でバレーボールの全国試合に出る、となったら絶対見に行くよね!?

そもそも、どういう顔で送り出したら良いのか、試合に負けて帰ってきたらどうやって迎えてやれば良いのか、夕飯何にすりゃ良いのかとかとか、考えちゃうよね…。

最後の1ページで、思考を全部持って行かれる

さて、ここまでは241話を10回ぐらい読んだ後なので感想を書けましたが、初見のときはもう、最後の1ページで

えええええぇぇぇ、今このタイミングでぇぇーーー!!!

ってなって、241話の内容を全部忘れてました。
全部。

場面は、烏野24対椿原23の、烏野のマッチポイント。
あと1点取れば、勝てるというタイミングで…

ピンチサーバー、菅原さん登場。

わたしハイキューで1番菅原さんが好きなので、ちょっともう、緊張で来週まで心臓が持たなくて、読み終わってすぐ、取り急ぎ隣の隣の駅まで散歩して戻ってきたぐらい、冷静でいられなかったです…。

いやあぁ、確かに「初戦、三年生揃って勝とうぜ!!」っていう場面なんだと思う。
だからこそ今回、あの表紙だったんだなぁ…って思って。
彼らが入部してから2年半。
やっとここまで来たんだなぁ、感慨深いよなぁと思って、BBAだからすぐ泣いちゃう。

確かにあと1点で勝てる場面だけど、このタイミングで春高デビューさせんのって烏養さんなかなかのドSじゃないですか!?
スガくん、試合が始まってから1回もコートに立っていないもの。

1セット目の姫川くんじゃないけど、震えるぐらい緊張して良いタイミングでしょ、これは…。
あと2点入ったら、このセット取られてしまうのだから…。

でも、スガくんが入るときの最後のコマ、みんな嬉しそうで…、また泣いちゃう。

苦しかったわ今週

本当はさ、ピンサーじゃなくて、セッターとしてトスを上げていたかっただろうね。

でも、スガさんがセッターだったらここまで来られてなかったかもしれないよね…って、みんな思ってるだろうし本人も思ってるだろうから、一体どういう気持で天井見上げてんだろうか、この場面で上を向いているこの子はさすが不屈のセッターだよ…っ
(また泣いてる

…という苦しみで、来週まで落ち着いて待てそうになかったので、これを書きました。

はー、次の月曜日が待ち遠しくてどうにかなってしまいそうですが、強く生きます。

-ハイキュー!!

Copyright© 腐女子BBA紺野 , 2019 All Rights Reserved.