腐女子BBA紺野

腐った眼で二次元男子を見ている人が、漫画やアニメの感想を書き散らかすブログ。

刀剣乱舞

【ネタバレ有】「活撃 刀剣乱舞」第二話「部隊長」の感想

投稿日:

ご注意
陸奥守吉行がとても好きです。
腐っています。
いずむつ好きです。

陸奥守吉行の可愛さにひたすら死ねる回

いやーーー、むっちゃん可愛かったですね。

可愛かったですね!!!

なんというか、可愛かったところを挙げて書こうと思ったのですが、多すぎて、逆に、書くことがない。

ただただ、むっちゃんをこんなにも具体的に魅力たっぷりな良い男に描いてくださって、ありがとうございましたとしか言えない。

はぁ~~~。
むっちゃんの斬られた人間を見て怒る顔、去る時のつらそうな顔、美味しそうにごはんを食べる顔、熱く夢を語る顔。
色んな表情が見られて、とてもしあわせでした。

むっちゃんの中の方が、オンとオフ(シリアスなシーンと日常のシーン)は意識して温度差を付けて演じている、と言ってらしたと思うので、それが存分に発揮された回だったんじゃないかなぁと思います。

私もほどほど長く生きて来ましたが、土佐弁がこんなにも良いものだと知れたのは、むっちゃんのお陰です。

むっちゃん、好きだあぁあぁああぁ(;_;)

中でも…。

寝起きからの、山盛りご飯からの、兼さん「あー、そうだなそうだな」の一連流れで完全に死にましたね。

ハァ~~~~????

兼さん格好良すぎか???

いや…
うちの本丸の兼さんなら「何言ってっかわかんねぇ!食うか喋るかどっちかにしろ!」って言うと思うんです…。

初見のとき、何が起こったのか頭が追いつかなかった( ˙-˙ )

兼さんの、むっちゃんのあしらい方に慣れている感じと、ああいう風に扱われても怒らないむっちゃんの関係性って、な…なんなの…?(震え

無い知恵を絞って考えた浅い考察

これだけではあんまりなので、皆さんの感想をTwitterなどで読みながら、私も大した知恵も想像力もない頭で考えたことをつらっと書いてみます。

というか、不思議だなぁと思ったことについて考えてみただけなので、結局のところ真相は話が進まないとわかりませんが、妄想は楽しい。

むっちゃん、記憶が欠けているのでは?説

初見では、「龍馬が、見たくても見れんかった世界を」と、あんな風にキラキラした目で語れるなら、例えば花丸で大和守安定が抱えていたような「自分は龍馬を守れなかった、あの時、自分が人の姿なら…」という類の葛藤はもう、むっちゃんの中で整理が付いて乗り越えているってことなのかな、と思った。

ただ、その割には好きな食べ物を「軍鶏鍋」とサラッと言ってしまえたり、龍馬が暗殺された時と似た状況でオーバーキルしてしまったり、あれっ?むっちゃん大丈夫?と感じるようなシーンがあって、何回も見ていると、ちょっと違和感があるなぁと思って。

腰のサラシも巻いていなかったので、傷を隠す気も無かったのかな、と。

龍馬に佩刀されていたことは覚えているし、龍馬が見ていた夢も覚えているけれど、「龍馬が暗殺された時に一緒にいたこと」の記憶が欠如しているのでは?と、考えて、そう言えばむっちゃんも釧路で火事に遭っているんだよなぁ、と思い出したんですよね。

ゲームでは、鯰尾くんや、骨喰くんが火事で記憶が一部無いと言っているので、もしかして活撃のむっちゃんも…?なんて思いました。

軍鶏鍋は、最期に食べようとしていたということを除けば、ただの龍馬の好物、として捉えることが出来る。

城内で、斬られて血まみれの人間たちを見た時に、その時の記憶が薄っすらよぎって、無意識に過剰に反撃してしまったのでは?

もしくは、むっちゃんが悲し過ぎる出来事を思い出すうちに己の中で折り合いがつかなくて、頭の中の、思い出せない領域に押し込んでしまった、とか。(腐女子にありがちな発想)

みんなの前では元気に笑っているけど、心に闇を飼ってるとか最高じゃん。

いや、それでも良いと思うんだよ、むっちゃん、楽しかった思い出とだけ一緒に生きていけば良いと思うよ!
人の姿と思考に慣れていないのだから(たぶん)、弱いところがあっても良いんだよ!

ああ見えて繊細なところもある、と云うのがむっちゃんの良いところでもあるんじゃないかなぁ…と思うので。

むっちゃんが元気で、ごはんをいっぱい食べてくれたら、私は幸せです。

出撃回数の件と、薬研は実は経験が浅いのではないか

2話で判明した出撃回数の順番だと、こんな感じでしたね。

  • 蜻蛉切(53か4回目)
  • 陸奥守(19回目)
  • 和泉守(17回目)
  • 堀川(初)
  • 薬研(不明)

ゲーム版で考えると、普通の鍛刀&ドロップ運であれば、むっちゃんや兼さんよりも蜻蛉切を先に入手する確率ってそんなに高くないはず。

確率だから、わからないですけどね。
ちなみに、うちの本丸には蜻蛉切がまだ、いません(´・ω・`)

と、考えると、ゲームでの入手し易さとか「初期刀」という概念は、活撃では考慮されていないのかな?と思った。

私はあんまり、折れたとか二振り目という仮説は考えたく無いので、そういう可能性以外で考えています。

んで、薬研なんですけど、回数を訊かれて答えるのを嫌がるのは、経験が浅くて言いたくないという反応なのかな?と思ったんです。

「お前、童貞捨てたの何歳?」って訊かれて、ごにょごにょする感じと言えば、おわかりいただけるだろうか。

初陣を同じ部隊に二人入れることは考えにくいから、さすがに初陣では無いにせよ、まだ一桁台とかね。

…けど、何回も見ていると「わかってるんだよ」など戦闘に慣れていると思わせるセリフもあるし、実際、戦闘シーンも手練れを感じさせる描写だから、うーん、逆なのかなぁ。

敵目線で扉越しに斬られるシーンは、格好良くて震えたなぁぁ…瞬速で迫ってきたと思ったら、一撃!

ともあれ、あの自己紹介のシーンを含めて、思わせぶりではありますよね。

それまでに塩対応と思わせる描写は特に無かったと思うから、意外でした。
後ろから狙われた兼さんに「和泉守!」と声をかけたり、倒した敵の数を訊かれてちゃんと答えたり、審神者に対しては「よぉ、大将」だったし。

予告と大福

予告のやりとりについては、もはや屍となった私に語れることは何も無い…

すごいものを、声付きで見せてくれてありがとうございましたとしか言えない。

ただ、むっちゃんは、いつお昼ごはんを食べたんだろうか?とw

途中でちらっと写ったのは、食べ終わった三人分の食器と大福が2つだと思って、「あぁ、むっちゃんと蜻蛉切の大福を残しておいてあげたんだな、優しいなぁ、かわいいなぁ」と思っていたのだけど…。

とりあえず、ぜひとも、今後もむっちゃんには皆さんの好きな食べ物を聞くことを続けて欲しいですね!

ufotableさんでも、明るい改変の場合もある!

私はFateシリーズを見ていないので、ufotableさんと言えば「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」のイメージなんですが、TOZXは「ゲーム(TOZ)で不可能だったことが、アニメ(TOZX)では可能になった」という点がいくつかあります。

例えば、ゲームでは殺すことしか出来なかったドラゴンを浄化(元の姿に戻すこと)出来るようになったり、変身(神依)できなかったキャラが変身出来るようになったり、ゲームで死んだキャラがアニメでは死んでいなかったりします。

確かに、活撃はOPもEDも明るい雰囲気ではないけど、でも、必ずしもすべてが悲しい展開のフラグとは限らないのでは?と、思っています!

ハッピーエンド信者なんです。

三話が早く見たい!

先行で三話まで見ておりますが、正直、二話と三話の区切りをよく覚えていなくて、あれぇ、二話ってこんなに短かったか!?と思いました。

本当に30分あっという間!

三話も屍になる準備は出来ているので、早く見たいよ…。

-刀剣乱舞
-

Copyright© 腐女子BBA紺野 , 2019 All Rights Reserved.